• 未来に羽ばたく英才を育てる塾

 3月7日(月)、愛知県公立高校のAグループの入試が行われました。

 受験を終えた中3生が塾に来てくれて、入試のことをいろいろと話してくれました。

 入試の内容ですが、全体的に見ると去年よりは少し難しいかもしれませんが、思ったよりも難しくない印象です。

 国語についてはいつも通りですが、どの子も結構取れたようです。

 数学については、大問1が従来の9問から10問になり、大問2の小問が4問から3問に減りました。大問1が10問に増えて基本問題が増えた半面、大問2はかなり難しかったと言っていた人が多かったです。大問2は、(1)1次関数、(2)整数、(3)グラフを書く問題(速さに関する問題)となっていますが、どれもただ数学の公式を使うということでは済まなく、解くのに工夫が必要です。中学入試に出てくるような問題で、大学の共通テストの数学の問題の傾向に少し似ています。

 大問3の図形も大問2と同様で、ある人は簡単に解ける問題ですが、ある人にとってはどうやって解いていいのかまったくわからないという状態になる問題だと思います。過去問や予想問題などを解いて量をこなすだけでは解けないような問題かなと思います。

 数学を見ると付け焼刃な勉強ではまったく対応できないので、基礎を身に着けるのはもちろん必要ですが、読解力や試行錯誤したりする粘り強さみたいなものも必要です。

 理科については、いつもよりも易しい問題が多いという印象です。近年理科は難しい問題が多い傾向でしたが、何故か今年はそんなに難しくなく、基本的な問題が多いと思います。いつも理科ができなくて沈没する子が出てくるんですが、今年はそんなことはなかったです。毎年恒例になっているBグループで出題されるであろう分野予想も昨日行いました。Bグループの入試まで2日しかないので、できることは限られますが、このあたりがでそうだということが事前にわかっていれば心の準備ができるし、1点でも多く取れれば合格可能性も高くなりますね。

 社会については、歴史がいろいろな時代が混ざって出題されています。江戸時代の金山、銀山、銅山についての問題が出題されていましたが、たまたま塾で取り上げた問題だったので社会はよくできたという声が多かったです。

 英語については、リスニングが今までと傾向が違い、聞き取れなかったという子が多かったです。それと条件英作文が、今まで2点の完答だったのが、2つの部分でそれぞれ1点ずつになったところです。英作文は正確な英語の文章にならない子が多いので、少しでも点が取れるように1点ずつに部分点になったのかなと推測できます。今年の問題は割と書きやすい文章だったと思いますが、文の途中なのに大文字にしてしまった子もいて、そういうミスが痛いですね。

 私は英語はかなり難しくなると予想していたのですが、いつも通りでそれほど難しくなかったかなと思います。

 Aグループがうまくいった人も、思ったようにいかなかった人も、すぐBグループの入試があるので、気持ちを切り替えて全力で挑んでほしいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。